サンタの街「三田(さんだ)国際マスターズマラソン」で、初コスプレで疾走!! ブログ | 加納由理オフィシャルサイト

facebook twitter amebablog instagram

パンダブログ

2018年2月9日

サンタの街「三田(さんだ)国際マスターズマラソン」で、初コスプレで疾走!!

皆さん、こんにちは!

先月、12月17日に私の地元、兵庫県三田(さんだ)市で開催された、「三田国際マスターズマラソン」にゲストランナーで参加してきました。

さて、質問です。

皆さんは兵庫県三田市と言えば、何を思い浮かべますか?
「三田牛」「三田プレミアムアウトレット」といったところでしょうか。

では、まず三田の場所から説明いたしますね。
兵庫県三田市は、兵庫県南東部の六甲山地の北側に位置しています。

大阪や神戸からは、電車で北へ上って50分ほどでいける場所にあります。

今回、私は電車で東京から三田へ移動しました。
地元兵庫にいた時も、北へ上っていく丹波路線にはほとんど乗ることがありませんでした。

ですから、ほとんど乗らない路線の電車に乗る気分は、また格別でした。

8年ぶり2回目として参加させていただきました、「三田国際マスターズマラソン」。

今回のブログでは、私が感じた大会の魅力、そして、現役時代の時と今のゲストランナーとしての関わりの違いを書かせていただきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

師走の三田を初、〇〇でハーフマラソン疾走!

実は、今回のゲストで初挑戦したことがありました。
何だと思いますか?

私が初挑戦したのは、コスプレで大会に参加したことです。

今回行かせていただいた三田市は、12月のみ限定で三田市がサンタ市になるようです。

大会前に事務局の方から「可能であれば、是非、サンタのコスプレで大会に参加して欲しい。」と話がきました。

コスプレで走ることに対して楽しみもあり、恥ずかしさもありました。

しかし、いつもゲストで参加しているときとは違った声を聞くことが出来たのです。

私からも声掛けをさせていただきましたが、コスプレしていると、明らかに声をかけてくれる人が増えます。

ランナーの中には、コスプレをして走ることが好きでたまらない人はいると思います。

今回やってみて分かったことは、コスプレをして走るランナーは、沿道から受ける声援がたまらないんだろうなと感じました。

サンタコスプレランナーを推奨している大会だけあって、コスプレランナーも多く、コースを走るランナーの色も明るかったように感じました。

私も、いつもと違った反応があり、「コスプレしてもちゃんと走れるんだね。」「ここまでやってくれるんだ。」という声をいただきました。

楽しかったので、また、機会があればやらせていただきたいですね笑

関西の〇〇と言われても、ランナーは熱かった!

三田国際マスターズマラソンのゲストランナーが決まった時に、大学時代の同級生から「三田は関西のシベリアだから、寒さ対策はちゃんとしてきてね。」と言うアドバイスがきました。

天気予報によると大会当日は、すごく冷え込む予報でした。
ですから、サンタコスプレの下に何を着て寒さ対策をするのか、前日の夜まで考えていました。

大会の朝は冷え込んだものの、寒さ対策の準備がしっかり出来ていましたので、走っている時は逆に暑く感じるくらいでした。

関西のシベリアの寒さに対応する覚悟が出来ていましたのが、いい方向に向かったように思います。

レースは、ハーフマラソンを走らせていただきました。
スタートは最前列からさせていただき、200mほど走った所でほぼ最後尾のランナーを送り出しました。

最後尾からランナーを追いかけ、後ろから抜く時に声掛けをしながら走らせていただきましたが、今回のような走り方はたくさんのランナーに声掛けが出来たので良かったです。

私からも声掛けをさせていただきましたが、逆にサンタコスプレの私に声掛けをして下さるランナーもいました。

後ろから追い抜きにくる私に対抗して、追ってくるランナーもいましたね。

対抗してくるランナーは他の大会ではあまりいませんので、三田国際マスターズマラソンとあるだけランナーの熱を感じました。

きついコースも、可愛い地元応援団でほっこり気分

実は、三田のコースはアップダウンが多く、8年前走らせていただいたときの1番の記憶が、コース上に現れる急坂でした。

上り下りが繰り返し続く坂は、ランナーにとってきついですよね。

そんな苦しさを紛らわせてくれるようなほっこりするものがあるのです。

それが、沿道で応援してくれている小さい子ども達がチョコレートや飴を配っていてくれていることです。

坂が激しく、苦しいコースでも思わずほっこりさせられてしまいますよね。

私は子ども達から声をかけてもらって、逆にパワーをもらいました。

地元の方から楽しませてもらうのも、地域に根付いたマラソン大会こそですね。

三田まで行ったら是非!!

三田まで来られたら、是非寄ってもらいたいところがあります。

それが「有馬温泉」です。

有馬温泉は、兵庫県神戸市北区有馬町にある日本三湖湯の温泉です。

お湯の色が金色で「金泉」と言われるのが有名ですね。

三田から有馬温泉は電車では30分で移動出来るので、気軽に行けます。

温泉街も楽しいので、走った疲れを癒やしに是非寄ってみて下さいね。

まとめ:三田国際マスターズマラソンを振り返って

8年振りにゲストランナーで参加させていただき、前回は速い男性ランナーと競い、そして今回はサンタコスプレでハーフマラソンを走らせていただきました。

現役時代と今とで違った関わりが出来たことで、大会で見える景色も違いました。

今回は、大会に参加するランナー、沿道で応援してくれる地元の方を見る余裕が出来たことで、改めて大会の雰囲気を感じ取れたのは良かったです。

年末のクリスマス前の盛り上がりもあって大会はすごく明るい雰囲気です。

関西圏の方、もちろん全国からも走りに来て下さいね。

よろしくお願いいたます。


関連記事