健康経営(ウェルネス経営)とランニング ブログ | 加納由理オフィシャルサイト

facebook twitter amebablog instagram

パンダブログ

2016年2月10日

健康経営(ウェルネス経営)とランニング

GOOD ACTION(ウェルネス部門)受賞

私が本年度より所属タレントとしてマネジメントを受けているウィルフォワードがリクナビNEXT主催の「GOOD ACTION(ウェルネス部門)」を受賞しました。

GOOD ACTION ロゴ

ウィルフォワードとは

ウィルフォワードはビジネスプロデュースのスペシャリスト集団で、私のような元アスリートや元アーティストなどのセカンドキャリアのプロデュースも手がけています。

ウィルフォワードについてはコチラをご覧ください

非常にユニークな会社で、出社義務が無いので自宅やカフェでの仕事がOKだったり、就業時間が自由なので日中にランニングをしたり、ランニングしながらミーティングをしたり、一人ひとりの決算権限に上限が無かったりとおそらく一般的な会社とは色んなことが異なっています。

世間が注目するオナカマ理論

今回受賞されたのは「オナカマ理論」と呼ばれる社内文化で、みんなで食事を作って同じ釜の飯を食うからお仲間になるというコミュニケーションや結束を深めるという意味の造語です。

私が初めてウィルフォワードのオフィスに行ったのは昨年の5月です。マラソン仲間からの紹介で住宅街の中にある一軒家オフィスを訪ねました。個性的なものが好きな私はオフィスが一軒家ということも、上記の変わった文化も興味を持ったポイントでした。

今では私自身も普通になっていますが、ワイワイご飯を作ってみんなで食べるというのは、家族とかならあるかもしれないけど、それを会社でやるってのはなかなかない貴重な経験だと思います。

自炊は買って食べるよりも食事バランスはいいですし、私も走った後に温かい食事を取るというのは、仕事関係の話はもちろん、仕事以外の話も弾むこともあり、最高の環境だと思っています。

健康経営(ウェルネス経営)に対して

ウィルフォワードで、このような「オナカマ理論」等、組織を活性化したり、社員が健康で元気に働くためのアイデアをどんどん実践しながら学びつつ、私らしいランニングを通じた面白いアプローチで、企業の健康経営に関わっていきたいと思っています。

▼企業での導入実績についての記事はコチラ

大久保恒産「内定者&新入社員チームビルディング研修」

国際自動車「ランニングを8倍楽しくする研修」


関連記事