世界の舞台に立つ前にやったこと③〜強化トレーニング中の息抜きの日(休養日)の話〜 ブログ | 加納由理オフィシャルサイト

facebook twitter amebablog instagram

パンダブログ

2019年2月19日

世界の舞台に立つ前にやったこと③〜強化トレーニング中の息抜きの日(休養日)の話〜

皆さん、こんにちは。

前回の「世界の舞台に立つ前にやったこと②〜強化トレーニング中の息抜きの話〜」は、お読みいただけたでしょうか?

世界の舞台に立つ前にやったこと②〜強化トレーニング中の息抜きの話〜

前回は、合宿中の普段のトレーニングの合間でどう息抜きをしているかのお話をさせていただきました。

今回は、前回お話できなかった、週1の休養日のお話をしたいと思います。

合宿中の休みの日って何やっている?と、気になる方もいるかと思います。

あくまで、私の経験談ですので、皆が同じ過ごし方や考え方をしている訳ではありませんが、選手のことを知っていただく機会になったり、自分自身の参考にしていただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

強化トレーニング中の休養日はどう過ごしている?

合宿中、週7日のうち6日間は、大体同じスケジュールで過ごしていると言うお話は前回させていただきました。

休養日は大体週7日のうち1日です。

大体、休養日は朝から自分の時間で過ごして良い日が多いですので、その時のお話をさせていただきます。

スケジュールをわかりやすく書かせていただきますね。

①7時or8時くらいに起床「いつもより1〜2時間ゆっくり起きる」

②8時半「軽くランニング」

③11時くらいから出かける「遅めの朝食、ショッピングに行ったりするor1人でカフェに行って、朝食、読書、パソコンをする」

④16時「軽くランニングor散歩」

⑤18時半「夕食」

週1〜2週間に1回は、夕食が外食の日もありました。

スタッフも、トレーニング漬けの生活に飽きさせないよう、食事面でも気分転換の日を入れてくれていたのです。

我ながら、改めて振り返ると、ほんと競技をするためだけの生活をしていたなと感じます。

その時の私にとっては、次の日のトレーニングにいい状態でつなげると言うことで、頭がいっぱいでした。

ですから、休養日は、いいトレーニングにつなげるために、自分の身体と気持ちをリセットする時間だったと言って良いですね。

まとめ

前回のブログに続き、今回は休養日にどんな1日を過ごしていたか、ほんの一部ですがご紹介させていただきました。

今思うと、もっと将来のことを考えて、時間を有効に使えたのではないかと思ってしまう部分もありますが、逆に、それだけ他のことを考える余裕もなかったのだろうなと言うところもあります。

そのあたりは、とても複雑ですので、またの機会にブログでまとめさせていただきますね。

引き続き、ブログで現役時代、今の活動をご紹介していきますので、皆さんのマラソンライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。


関連記事