加納由理オフィシャルサイト | 元日本代表マラソン選手

加納由理オフィシャルサイト | 元日本代表マラソン選手

BLOG

ブログ

加納由理の考えや体験を発信していきます。

2019.11.18

なかうみマラソン〜山陰地方で参加人数最多のハーフマラソン、世代を越えての参加型マラソン〜

2019年11月3日に島根県安来市で開催されました、「第15回なかうみマラソン」にゲストランナーとして2年ぶりに参加させていただきました。 皆さんは、「中海(なかうみ)」と聞いて日本のどの場所に位置するのか思い浮かびます […]

2019.11.13

記録・グルメ・おもてなし、楽しみ方は自由自在な金沢マラソン2019〜おもてなしランナーズとして走ってきました〜

10月27日(日)に、開催されました「金沢マラソン2019」。今回もゲストランナーとして、招いていただきました。 この「金沢マラソン」への参加、なんと今年で4回目になりました。 おもてなしマラソン大会として定着しつつある […]

2019.11.06

日本選手権800mと1500mで二冠の卜部蘭がコーチと描く、日本人女子初を実現させる東京オリンピックの舞台

「陸上の格闘技」と聞いて、どんな種目を思い浮かべるでしょうか? わずか数分の間にめまぐるしく順位が変わり。ポジション争いや駆け引きが繰り広げられ、接触は当たり前、時に流血や転倒すらありえる激しい競技。 それは、陸上競技の […]

2019.10.14

逃げだと思っていた3000m障害でオリンピックを目指す理由

TOKYO2020、オリンピックマラソン選考会(Marathon Grand Championship 通称MGC)が先日開催されました。 非常に注目を浴びたレースだったので、ご覧になられた方も多かったでしょう。特に男子 […]

2019.09.20

マラソン大会を成功させるゲストランナーの活用[ゲストランナー一覧|2019年版]

マラソン大会を成功させるうえで、ゲストランナーを呼んで大会を盛り上げてもらうことを考える方は多いと思います。 ただ、実際にゲストランナーがやってくれる仕事内容や、ギャラはいくらくらいなのか、誰に頼めばいいのかをよく知って […]

2019.09.15

MGCを見て

2020東京オリンピックマラソン選考会(MGC)が、9月15日に開催されました。 私自身も、マラソンでオリンピックを走りたくて、競技をしていましたので、今回の新しい選考はとても注目していました。 代表選考会(MGC)記事 […]

2019.07.29

オリンピック3大会連続出場、ショートトラックスピードスケート勅使川原郁恵|競技を通して切り開いた型にはまらない人生観とは

今回のアスリート対談、第7回目は勅使川原郁恵さんです。 アスリート対談では、初めて他競技のアスリートをインタビューさせていただきました。勅使川原さんは、ショートトラックで、長野、ソルトレイク、トリノの3度のオリンピック出 […]

2019.07.19

2010 広州アジア大会 を振り返ってみて

私にとってのアジア大会 2010年3月の名古屋国際女子マラソンで優勝し、その結果が評価され、自分にとっては初めてアジア大会に代表として走ることになりました。 この、アジア大会私が走った、現役時代のマラソンの中では、1、2 […]

2019.07.06

中学時代に仲間と育んだ競技観とは?(マラソンランナー加納由理の中学時代)

以前、ブログで「才能を引き出す指導者とは?(マラソンランナー加納由理の中学時代) →記事はこちら を、書かせていただきました。 このブログでは、指導者と自分にフォーカスし、自分自身が指導者とのやり取りの中で目標に向かい、 […]

2019.06.11

旅好きランナー必見!最北フラワーマラソンに参加してきました!

皆さん、こんにちは。 先日、6/1に日本国内最北端の町、礼文島で開催された、「最北フラワーマラソン」に2年続けてゲストランナーで参加してきました。 実はこの大会に招いて頂いたのは、3回目。 最初に招いて頂いたときは、大会 […]

2019.06.04

ファミリーで参加型イベント「よこはま菜の花マラソン大会」にゲストランナーに行ってきました!

皆さん、青森県横浜町ってご存知ですか? 神奈川の「横浜」って思われる方が多いのではないでしょうか? 余談ですが、今回宿泊させて頂いた先の奥様も、「横浜町」に住んでいると言ったら、神奈川の横浜と思われることが多いそうです。 […]

2019.05.27

「完治3ヶ月の疲労骨折の間でやった3つのこと」

こんにちは!加納由理です。 今回は、オリジナル記事「完治3ヶ月の疲労骨折でやった3つのこと」」 と題し、記事を書かせていただきました。 長年に渡り、過酷なトレーニングをしていれば、1度や2度いや、もっとですね。 怪我とは […]