Twitterのオフ会〜株式会社WELLNEST HOME 代表取締役 芝山さゆりさんに会う〜 ブログ | 加納由理オフィシャルサイト

facebook twitter amebablog instagram

パンダブログ

2019年2月21日

Twitterのオフ会〜株式会社WELLNEST HOME 代表取締役 芝山さゆりさんに会う〜

先日、成瀬さん(@positaku)のtwitter上の声かけで、株式会社WELLNEST HOME 代表取締役 芝山さゆりさん(↑の写真では、1番前列の真ん中)のランチ会に参加。

2012年の創業時は株式会社低燃費住宅、2017年から株式会社WELLNEST HOMEへ変更

株式会社WELLNEST HOMEのサイトはこちら

私自身、Twitter上でのやり取りのコミュニティの方たちとのオフ会参加はまだ初心に近いです。

ですから、参加者の皆さんとはメッセージのやり取りで、Twitterのアカウント名、性別、どんな仕事をしているかは知っているものの、顔合わせは初めてでしたので、人見知りを発揮しないか、内心ドキドキもしていました。

芝山さゆりさん(@StellaSayuri)とも、twitter上でしかやりとりをしていなかったのです。

私が持っていたイメージは、まず、twitterのプロフィール写真からは、「清楚」「上品」「おっとり」なイメージでした。

実際お会いしての第1印象、服装がカジュアルだったので、「おや?」

話をし始めて、「パワフル?」「関西弁?」「飾らない」話のネタが面白いので引き込まれていく。

色々な経験をしてきていらっしゃるから、言葉にも重みがある。

最も印象的だったのは、「太陽」「惑星」「月」の話。

人間はこの3つの種類に分けられて、簡単に言うと

「太陽」

・いきなり「何か話して!」と、話の内容が決まっていなくても、いきなり話せる人。

・気がつけば、周りに人が沢山集まってくるような人。

・学級委員に自分で立候補してしまうような人。

「月」

・何か話すにしても、なぜ話さなくてはならないのか、話をする内容も根本的なものの確信がないと話せないような人。

・周りでガチガチに固められて逃げ場が無くなって学級委員をやらざるを得なくなるような人。

・いわゆる職人のような人。

「惑星」

・「太陽」と「月」の間のような人。

・「太陽」と「月」の間を取り持ってくれるような人。

・「太陽」と「月」の要素を両方持っているような人。

「惑星」は、経験や年齢を重ねること自分の立ち位置が分かってきたら、「太陽」か「月」に寄ってくるようです。

さゆりさんは「太陽」。

確かに、初めて会ったと思えない、引き寄せられ力は「太陽」ですね。

私はおそらく「月」です。

何も考えずに課題に飛びついて、逃げ場がなくなって努力せざる負えないこともありますが、「月」だと思います。

成長のペースは早かれ遅かれ、気づけばコツコツ続けることはやりますから、そこは「月」の基質ですね。

このブログを読んで下さっている方は、この3つではどれにハマりますか?

参加メンバーも、前のめりな方がほとんどで、ランチだけでは終わらず。

お茶会に移動してからは、さゆりさんに参加メンバーが仕事、家庭のことなどの相談会みたいになってました。

それに、また、さゆりさんが「バサッ」と答えてくれるから気持ちが良い。

ほんの数時間でしたので、本質のさゆりさんはあんなものではないと思いますが、今回お会いして自分自身が実践に移したいと思ったことが一つありました。

それは、物事を動かす過程で、勘で行動するということです。

私は、何かをする過程で、やる前からすごく考えてしまって、行動に移すのに時間がかかってしまうからです。

人生の先輩のお話は、とても刺激になりました。

ちなみに、さゆりさんは、夢を追うキラキラ輝いて働く女性をふやしたいという思いがあり、

ステラアカデミーという、女性向けの職業訓練校の活動もされています。

さゆりさんの今後の活動予定も、こちらからも共有されるとのことです。

実は、宿泊体験をしていました


名古屋長久手のモデルハウスのリビング

昨年末、名古屋にゲストランナーで行った際、名古屋の長久手にあるモデルハウスに宿泊させていただいたのです。

一晩泊まった次の日、私の身体がポカポカしていたのです。

その身体がポカポカの秘密は、低燃費住宅の構造にあるのです。

家には一つのヒーターがあり、そのヒーターで部屋が温まると、ヒーターをつけている部屋だけでなく、他の部屋もお風呂も、お手洗いも壁もほぼ同じ温度という仕組み。

分かりやすく表現すると、水筒の魔法瓶のような感じです。

寒い冬にお風呂から上がったら「寒い!」っていうのがないのです。

この家に住み続けたら、私の身体の冷え性は解消されるなと感じました。

「家に住んでいるだけで、健康になれるやん!」

たった1泊で、WELLNEST HOMEのファンになりました。

WELLNEST HOMEの家の性能については、まだまだ勉強不足ですが、たった1泊の宿泊で次の日の身体の冷えがなくなったことは自信を持ってお伝えしておきます。

家の詳細は、WELLNEST HOMEを見て読んでいただくのが1番仕組みが分かっていただけると思います。

生きていくためには、住む家は不可欠ですので、家ってこんなに奥が深いのかということを知れると思います。

是非、お近くのモデルハウスへも行ってみてください。

Twitterオフ会に参加してみて

競技を引退して、4年。

人との出会いで、自分の活動の場が広がっているように感じます。

たまに、話しの内容が難しくてついていけなかったり、人見知りを発揮することもありますが、まずは、雰囲気を知ることだからと自分の中で落ち着けるようにしています。

今回の参加者は、参加者10人中女性8人、男性2人と、女性が圧倒的に多かったです。

それだけ、女性が自分から何かを起こしていきたい、現状に満足せず、何か変えてきたいという女性が多くなってきているのだなと感じました。

こういった、熱い会は自分の刺激にもなりますし、そこからシナジーが起きて面白いことに繋がってくることもあります。

引き続き熱い想いを持ちながら活動していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事